人生を勝ち取る|不動産投資信託でガラッと変わる

男の人

仕組みを理解して

レディー

賃貸物件のサブリース契約とは、家賃を保障してくれるものであり、入居者の募集やトラブルの解決まで請け負ってもらうことができます。メリットが強調されがちなサブリース契約ですが、デメリットもあるので契約するときは契約内容をよく理解して契約するかどうかを決めましょう。

この記事を読む

一定の収益を確保するには

硬貨

賃貸物件の管理において家賃の滞納を回避したい場合は、家賃保証が付いているサブリース契約を結ぶと良いでしょう。サブリースは一括借上げで管理されるため、収益は相場よりも少なめになりますが、家賃保証に加えて空室保証も付いているため、安定した収益を保つことができます。

この記事を読む

安心して投資するには

電卓とお金

好機の到来

上場不動産投資信託の分配金が上昇し続けています。この背景には不動産市況の回復があります。都市部のオフィスビルでは家賃の値上げ交渉がまとまるケースが増えてきました。また、ビジネスホテルや観光ホテルは、外国人旅行者が増加している影響で好調です。これらの要因により、上場不動産投資信託が受け取る家賃収入が増えており、その分、分配金も上昇しているのです。また、不動産市況の回復により、不動産価格そのものが上昇しており、上場不動産投資信託の保有資産の価値自体も上がっています。分配金の上昇や保有価値の上昇は、投資口価格が上昇する要因ともなり得ます。最近は、上場不動産投資信託の投資口価格の推移に一服感が見られますが、このタイミングは投資の好機とも言えます。

安定が魅力

上場不動産投資信託はオフィスビルやファミリータイプマンション等の収益物件を運用して、家賃収入を得ることを目的としています。そのため、業績が急速に悪化するということは考えにくいです。株式投資より安心して投資をすることができる金融商品である、ということができます。過去の状況を見てみると、不動産市況が悪化しても、家賃収入はそれほど大きく下がりませんでした。つまり、分配金がいきなり半減したり、無配になったりすることがなる可能性は非常に低いということです。安定した収入を確保しようとしているのであれば、上場不動産投資信託を資産運用のラインナップに加えておきましょう。株式とは異なる値動きをすることも大きな魅力です。

賃貸で利益を上げられる

集合住宅

利益を挙げるために投資用マンションとして利用するときには、区分マンションと一棟マンションの種類があります。個人で始めるときには、区分マンションを利用することが一般的です。ワンルームマンションのタイプであれば、初期投資が安く抑えられることがメリットです。

この記事を読む