一定の収益を確保するには|人生を勝ち取る|不動産投資信託でガラッと変わる

人生を勝ち取る|不動産投資信託でガラッと変わる

ウーマン

一定の収益を確保するには

硬貨

滞納による収益減を回避

最近は誰もがマンションやアパートのオーナーになれる時代であり、賃貸物件は人気の投資対象となっています。物件購入後は、入居者の募集などを管理会社に委託することができるため、オーナーが管理ノウハウを持っていなくとも適切な物件管理が行えます。しかし、頻繁に家賃の滞納などが発生すると、そのまま収益に関わってくるため、オーナーとしては一定のリスクを背負わざるを得ません。家賃の徴収は管理会社が行うにしても、管理会社と契約するのはオーナー自身であり、それぞれの会社の徴収能力を見極めるのは簡単ではありません。滞納のリスクを回避したい場合は、一括借上げで賃貸物件を管理してもらえる、サブリース契約を利用すると良いでしょう。サブリースには家賃保証が付いているため、滞納が発生した場合でも一定額の収益を手にすることができます。

初めての物件投資には最適

サブリース契約は、物件を契約会社に借上げてもらった上で管理されていくため、オーナーに入る収益は、保証賃料という形になります。この保証賃料は、家賃相場の90%から80%程に設定されるため、自由に賃料を設定できる一般的な管理会社との契約に比べると収益は少なくなります。しかし、家賃保証はしっかりと行われるので滞納による収益減の心配はなく、また一括借上げの形を取っているため、空室があったとしても設定された一定の保証賃料が約束されています。家賃保証に加え、空室保証が付いているサブリース契約は、初めて賃貸物件の投資を行う場合に強い味方になってくれます。特に新築物件として契約する場合は、物件の資産価値も大きいので、会社側もサブリース契約に積極的に動いてくれる傾向にあります。賃貸経営で家賃保証を受けたいと考えるなら、サブリースを視野に入れた投資を行っていきましょう。