賃貸で利益を上げられる|人生を勝ち取る|不動産投資信託でガラッと変わる

人生を勝ち取る|不動産投資信託でガラッと変わる

ウーマン

賃貸で利益を上げられる

集合住宅

個人でできる投資方法

投資用マンションを買って運用をするタイプとしては、区分マンションの購入と一棟マンションを購入するものとに分けられます。個人が投資用マンションを購入する場合には、区分マンションを選択することが一般的と言えます。投資用マンションとして一室の購入をしてから、賃貸物件として活用することで家賃収入を得ることができます。物件の種類の選択としては、ひとり暮らし用に利用するためのワンルームマンションと、家族で住むために利用できるファミリータイプのマンションがあります。価格はワンルームマンションのほうが安いために、最初に始めるのであればワンルームで使える投資用マンションを選択することが理想的です。初期投資の費用としては、新築か中古かによっても大きく変わってきます。

中古物件が人気です

投資用マンションを購入して活用することを検討している場合には、最初の投資が大きな負担となることが考えられます。最も運用を開始しやすい物件の種類としては、中古のワンルームマンションタイプと言えます。中古ワンルームマンションを投資用マンションとして購入するメリットは、初期投資を安く節約できる点が挙げられます。中古マンションであれば新築と比較したときに、7〜8割程度の費用で購入できます。コストを安くして開始できますし、管理のしやすさも魅力となります。初期費用を安く抑えている分、利回りによる利益を上げることが期待できます。空室率が最も低いタイプの物件がワンルームマンションですので、賃貸の需要が高いことも特徴となります。